身体のホルモンを整えて快適な生活|身体のモヤモヤとサヨナラ

サプリと女性

重要な予防策

脳梗塞には主に三つの種類が存在し、それぞれ脳に対して大きな負担を強いる症状であるため、油断できない症状といえます。多くの人が罹りやすいタイプの脳梗塞が、ラクナ梗塞と呼ばれるタイプです。ラクナ梗塞は脳血管の中でも比較的細い血管が詰まることで発症するものです。小さな血管ということでそれほど深刻な害はもたらされないのでは、と考える人も多くいますが、脳には記憶を司る部位や感情を司る部位、運動による姿勢制御を行なう部位など、重要な箇所が多くある場所なので、たとえ細い血管を詰まらせるラクナ梗塞といっても、部位によっては深刻な障害が残ってしまうこともあるため、注意が必要となります。このラクナ梗塞とは対照的に、太い血管を詰まらせてしまうのがアテローム血栓性脳梗塞であり、動脈硬化によって細くなった血管に、血栓が蓋をすることで血管を詰まらせてしまう症状です。ラクナ梗塞よりも脳の広範囲に渡って血液を止めてしまうため、このアテローム血栓性脳梗塞は深刻な症状を引き起こしやすいのです。心原性脳塞栓症は、心臓からの大きな血栓によって血管が詰まってしまう病であり、大きな血栓により脳の太い血管を詰まらせてしまうため、アテローム血栓性脳梗塞と同様に重篤な症状となりやすいことが特徴と言えます。

こうした脳梗塞の主要因として、高血圧と脂質異常症などの症状が挙げられます。脂質異常症と高血圧は相関関係があり、悪玉コレステロールが多く含まれる、いわゆるドロドロ血は、血管の壁に蓄積しやすいため、血管の幅を狭めてしまう原因となります。血管の幅が狭くなることで、血流が通常よりも早くなることから高血圧となるのです。高い血圧は血管を傷つけ、それによる修復で動脈硬化などの症状が現れます。動脈硬化が起きると血圧により更に破れやすくなり、アテロームなどの血管を狭めるコブが発生しやすくなります。さらに破れた血管を塞いでいた血の塊が血栓となり、血中を流れてしまうため、脳梗塞などの症状が起こりやすくなるのです。全ての発端である脂質異常症を改善することで、高血圧と動脈硬化を防ぐことができます。そのため、予防策として、サプリメントなどを使用しながら、正しい食生活と生活習慣を送ることが重要であるとされているのです。